二日酔い

二日酔い、宿酔(ふつかよい)とは

二日酔い、宿酔(ふつかよい)とは、酒などのアルコール飲料(エタノール)を、自身の代謝能力以上に摂取することにより引き起こされる事で、不快な身体的状態を呈します。大量の飲酒(エタノールの摂取)により脳が麻痺した状態であり、基本的には、夜間に酒を飲み、翌朝の起床後、顕著に現れる現象で、また、宿酔(しゅくすい)とも云われています。

 

生命の危険を生ずる急性アルコール中毒とは異なり、生命に直接の危険はないが、しばしば、吐き気や頭痛などの著しい不快感を伴います。
アルコールを摂取すると、体内でアルコールはアルコール脱水素酵素によりアセトアルデヒドに分解され、さらにアセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素により酢酸へと分解され、最終的には水と二酸化炭素に分解され体外へと排出されます。

 

肝臓もアルコール分解を次から次へと、全部を処理しているわけでは御座いません。
体内に入ったアルコールで、分解が間に合わない分は、脳を麻痺させます。
これが酔っ払うと言う事なのでしょう。
それから、全部分解されないと言う事は、お酒が残ると言う状態になり、当然、二日酔いになります。
関連ニュース
こよなく和酒を楽しむお店

 


今日のニュース 5月26日 18:32
サミット開幕 財政出動で討議
舛添氏問題 なぜ議会は及び腰

ネットビジネスプランナーWeb-Go