ガーデニングの基本

ガーデニングとは、家庭で行われる造園や園芸の一種の事で、自分が所有する庭やベランダにおいて草花を植栽したり、柵や石畳などで装飾するなどして庭造りを楽しむことです。
おもに、イギリスの家庭で営まれていた庭園作成術を日本に導入した際に、言葉が定着したようです。
今日では庭先での花の栽培のほか、家庭菜園を営むといった場合も、この名で呼ばれる様になりました。

 

ガーデニングを始めるには、ノウハウが必要で簡単に始める事は出来ないと思っている人が多いとおもいますが、基本的な事さえ知っておけば意外とガーデニングは簡単に始められるとおもいます。

 

ガーデニングを始める為には、ガーデニングの流れを知る事が重要です。

 

ガーデニングとは以下に記述する様な流れでおこなわれていきます。

 

ガーデニングを行なう為には苗木を植える為の土台、すなわち土が必要です。ホームセンター等に行くと簡単に購入出来ます。

 

次に土に苗を植え込みます。買ってきた苗木の根を優しく解し、土に植え込む様にしましょう。

 

次にプランターや庭に直接ではなく、鉢でガーデニングをする場合には鉢のシルエットを整える為に、鉢からはみ出している葉や芽をカットする必要が有ります。

 

次に植物を育てるのなので、水はしっかりと与える事も重要です。乾燥している日は土だけではなく、葉っぱに水を軽く与えるのも効果的です。

 

ガーデニングはじめの方が悩むのが肥料を与える事だとおもいます。草木や花は水だけではキレイに育ちません。肥料も与える事でキレイに育つのです。ここで難しいのがどの植物にどの肥料を与えるかと言う事です。はじめの方の方は分からないとおもいますので、事前に調べておくか苗木を買うときに合わせて肥料もプロフェッショナルに聞いて買う様にすると良いでしょう。

 

終わりにキレイに咲いた花は放っておくと、新しい物に栄養が行き渡らなくなってしまう為にこまめにカットする様にして、常にキレイな状態を保つ様にしましょう。
関連ニュース

 

更新履歴