多彩な楽器

多彩な楽器

楽器(がっき)とは音楽を奏でるために用いる音の出る器具で、広くは音を出すことができるものすべてを楽器とすることもありますが、一般的には音を出すために作られた器具を示します。

 

音楽と言えば日常生活のなかで何時も聞いているのではないでしょうか。
音楽には楽器が付きものです。

楽器は色々とあるのですが、どのくらいの種類があるのでしょうか。
実に沢山あります。

オーケストラ等を想像してみましょう。
幾つぐらいでしょうか。

 

オーケストラでなくても、日本独自のものや他の国の民族楽器等を入れると大変な種類になるでしょう。
楽器の種類をかんがえる時には音の出し方による分類と素材等による分類が一般的です。

音の出し方で言えば、はじめは打楽器です。
これは太鼓のように叩いて音を出すものです。

通常おもい浮かべる太鼓ですよね。
その大きさや形によって多彩な音色を出してくれます。

日本にある和太鼓や鼓等は打楽器の典型です。

 

其れから、弦を弾いて音を出すものがあります。
ギターのようなものです。

これも形によって音色が変わってきますから、沢山の種類があります。
マンドリンやフォークギター、クラシックギター等がポピュラーなところでしょうか。

其れから空気の流れで音を出すものがあります。
笛ですよね。

木管楽器、金管楽器のように材料によって区分けされています。
日本では尺八やたて笛、横笛等がありますね。

小学校から音楽で習うのはリコーダーやハーモニカですよね。
弦を弾くものにもバイオリンのように弓をお使いになって音を出すものもあります。

私たちの日常ではあまりお使いになる事はありませんが、其れらの音を聞いていると落ち着いた思いになったりする重要な音と言う事ですよね。
関連ニュース

こよなく和酒を楽しむお店
コンドーム専門店ウイン69

 

 

 


今日のニュース 5月24日 23:34
不信任案めぐり与野党神経戦
三菱自下請け 28社が雇用調整

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go