「眼精疲労」とは?

目がつかれたり、目が痛くなったりする事というのは、何方でも体験した事があるとおもいます。大抵このような時は、しばらくすると忘れています。ところが、時にその症状が長く続いたり、体に影響を及ぼしたりする場合もあります。このような状態を、医学的に「眼精疲労」と呼んでおり、「眼疲労」と言う生理的な目の疲れと区別しています。

 

眼精疲労は、ビジネスや生活の環境を変えるとか、何らかの対処をしなくては治りません。いつまでも辛い症状が続いて、しかもその症状が悪化する事もあります。しかも、体や目に病気を抱えている場合もかんがえられます。その為、単なる目の疲れだから・・・と軽視せずに、速診察を受けて対処しましょう。

 

眼疲労のなかで、眼精疲労として治療が必要な場合は、日常生活に支障が出てしまう場合、体に影響が現れる場合、体・目の病気や精神的ストレスによって眼疲労が起きている場合です。

 

主な眼精疲労の症状は、目が疲れてぼやけたりかすんだりする、目が痛かったり充血したりする、涙が出る等の目に現れる症状と、頭痛やめまい、吐き気等の体に現れる症状です。

 

眼精疲労によって、体に異常が出る要因は、まだはっきりとはわかっていませんが、目が見にくくなって無理に見ようとする為に、肩こり等を起こす要因となるとかんがえられます。しかも、視力の低下によって、目を凝らして見るようになり、緊張状態が連続する為に、頭痛、吐き気、倦怠感、めまいを起こす事もかんがえられます。しかも、精神的なストレスから、目と体に不調が現れている可能性もあります。

 

更新履歴