ワーキングホリデー制度

ワーキングホリデーとは

最近、よく「ワーキングホリデー」と言う言葉を耳にするようになりました。
度々ニュース等でも特集が組まれており、その都度耳に引っかかると言う人は多いのではないでしょうか。

ではこのワーキングホリデー、どのような制度なのでしょう。

 

ワーキングホリデーというのは、18〜25歳、そうでなければ30歳までの青年が、異文化コミュニケーションを学びながら休暇を満喫する為、その滞在期間における必要資金を稼ぐ為にある程度の就労を許可する制度の事です。
査証、そうでなければ入出国管理上における特別な制度と位置づけられています。

 

もっと簡単に説明しますと、外国の地で勉強しながらアルバイトをして、なおかつ観光や交流等異文化の特色を楽しむと言う、外国の多様な世界観に触れていく事を支援するための制度と言う事になります。
支援といっても、例えを申しますとお金を出してあげるとか、物資的なものを提供すると言うわけではなく、一定期間をこの地で過ごして色々と学ぶ上で、その生活をする為のビジネスをその地でしても良いですよと言う許可を出す制度なのです。

 

ワーキングホリデーを使用する事で、諸外国に中長期滞在が出来る事になります。
異文化を学ぶといっても、1日や2日では到底学ぶ事は出来ません。

そういった旅行と同じような感覚ではなく、生活をして、その日常のなかで「この国はこんな所なんだ」と言う事を知り、また日常会話を繰り返す事で言語力を養っていくと言う事がこの制度における意義と言えるでしょう。
関連ニュース

ブランドショップ ジュエル

 

 

 


今日のニュース 6月30日 16:33
参院選、埋没する拉致問題
比大統領就任 中国と対話意欲

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go