印鑑の種類と役目と使い方

ダイエット無料メール通信講座キレイでスリムなボディーを手に入れたいあなたに朗報!>>
アフィリエイト無料メール通信講座アフィリエイトで収入を得たいあなたに朗報!>>

印鑑の役目

印鑑の材質としては、木、水晶、金属のほか、動物の角、牙が多く用いられ、近年は合成樹脂も用いられています。これらの素材を印材と呼びます。印材の特定の面に、希望する印影の対称となる彫刻を施し、その面に朱肉、印泥またはインクを付け、対象物に押し付けることで、特有の痕跡を示すことができ、この痕跡を印影と呼びます。

 

一般に、印鑑(印面)には文字(印字)が使用され、漢字を用いる場合の書体には篆書体、楷書体、隷書体が好まれます。印字は、偽造を難しくしたり、偽造防止のため、既存の書体によらない自作の印を使う方もいます。
実際の取引の場面では、印鑑を持参した方は本人(または真正の代理人)とみなされ、この慣例を受けて、民事訴訟法は、私文書に「本人又はその代理人の署名又は押印」があるとき、その文書は真正に成立したものと推定されると定める(民事訴訟法228条4項)。これは、「成立の真正」と呼ばれて文書の名義が真正であることを意味し、内容が真正であることを意味します「内容の真正」とは区別されます。

 

なお、私文書にある印鑑が本人または代理人の印鑑によって押された場合には、反証なき限り、その印影は本人または代理人の意思に基づいて押されたと推定され、その結果、民事訴訟法228条4項の要件が満たされるため、文書全体が真正に成立したと推定されます。

 

印鑑は私たちが暮らして行く上で、各種の事に使われています。ビジネスをしている人には、印鑑は欠かせないものですよね。
このサイトでは、印鑑の種類からその役目及び気をつけたい事項等を含めお伝えしています。
関連ニュース
印鑑・実印・はんこの尾城堂

 


今日のニュース 2月3日 12:48
小沢氏報道 首相「推移見守る」
逮捕のノエビア副社長が辞任

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go