iPhoneの使い方と活用方法

iPhoneってな〜に!

2008年あたりから、日本で急速にその名前を聴くチャンスが増えてきたiPhone。
かなりの知名度があるとはいうものの、まだこのiPhoneについてよく知らないと言う人も少なくないでしょう。

 

iPhoneというのは、簡単にいえば携帯電話の製品名です。
PCでおなじみのアップル社が開発したスマートフォンの名前ですよね。
すなわち、iPhoneは携帯電話の中の一機種と言う事になります。

 

どうしてその一機種がこれだけ有名になっているのかと言うと、他の機種とは一線を画した機能があるからです。
その機能というのは、タッチパネルです。

 

iPhoneには、他の携帯電話には必ず付いていたキーパッドが御座いません。
代わりに、画面がかなり大きくなっています。
とはいえ、キーパッドがなければ番号の入力が出来ませんね。
普通、携帯電話は0〜9のテンキーをお使いになって電話番号を打ちますし、その他の着信履歴の閲覧やネットへの接続等も、すべてキーパッドをお使いになっておこないます。
其れがないのなら、どうやって携帯電話を使うのか、と言う感じです。

 

結論をいえば、先述したタッチパネルがキーパッド代わりになります。
タッチパネルと言うのは、画面上に表示されたアイコンをタッチして、其れによって操作をすると言うインターフェースの事です。
ニンテンドーDSやATMでお馴染みのものですので、其れほど珍しくはないかとおもいます。
iPhoneでは、その機能を携帯電話に起用しているのです。
その点が大きな特徴となっています。
関連ニュース
ブランドショップ ジュエル
楽天市場 激安パーツ問屋