脂肪吸引とメソテラピー

脂肪吸引とメソテラピー

現在脂肪除去の施術として、カニューレによる切らない脂肪除去術として脂肪吸引術が行なわれています。近年脂肪吸引術を行っているクリニックでは、脂肪吸引ではなく、脂肪溶解の注射による脂肪除去と言うのが注目を浴びています。

 

脂肪溶解注射は、ホスファチジル-コリン(PPC)と呼ばれる薬剤をお使いになる脂肪除去治療で、この薬剤は元々高脂血症や脂肪肝等の治療薬として使用されていたものです。この薬剤を、脂肪を減らしたい部位の皮膚内に注射する事で皮下脂肪が減少し、溶け出した脂肪は血中を経て尿や便として排出されます。

 

皮下注射を使用した治療法をメソセラピーと呼び、ヨーロッパでは古くから行なわれていた治療でした。近年になって脂肪溶解治療としての使用に注目が集まり、米国やアジア等世界的に広がりを見せています。また近年では脂肪溶解注射による治療、薄毛に対する治療、シワ治療にもメソテラピーがあります。

 

この脂肪溶解メソテラピーは「メスを使わない・切らない脂肪吸引」と言う表現でお知らせされているのをよく目にします。だが、局部的な脂肪細胞の除去と言う部分では同じでも、メソテラピーを脂肪吸引と言う分類に入れるには、施術内容の原理・効果は全く異なるものといえます。

 

脂肪吸引とメソテラピーにはそれぞれメリット・デメリットがありますので、施術を受ける際には、自分でもよく理解し、しっかりと医師と相談の上、決断するようにしてください。
関連ニュース

小物ファッション oshiro

 

 

 


今日のニュース 6月28日 04:32
期日前投票 前回と比べ24%増
池の切断遺体 80代女性と判明

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go