無添加化粧品のイロハ

無添加化粧品って?

いつまでも若々しくありたい、年齢を重ねても綺麗でいたい、其れは女性なら何方でも望んでいる事ではないでしょうか。
肌は年齢をあらわすと言いますが、ちゃんとお手入れされた肌はキメが細かく張りもあり、逆に多様な刺激を受けて雑に扱われている肌は実年齢よりも老けて見えてしまいます。
美しさをキープするには、何時もの肌のケアが大切となってきます。

 

ところで私たちが日々のスキンケアにお使いになる化粧品ですが、時代の流れとともに新しいものが開発され、たとえば化粧水だけとって見ても数え切れないほどの製品があります。
化粧品の売れゆきを見るとその時代の流行がわかるようですが、今は自然派とか天然成分、また無添加等と言う言葉を謳った化粧品が人気を呼んでいるようです。
自然とか無添加と言われる化粧品は、なんだか肌に優しく刺激が少ないように感じますね。
では無添加化粧品とは一体何が添加されていない化粧品なのでしょうか。

 

昔は、無添加化粧品と呼ばれるものは一般的に表示指定成分を添加していない化粧品の事でした。
表示指定成分というのは、ごくまれに皮膚に悪影響を及ぼす可能性がある成分の事です。
しかしこの表示指定成分と言う制度も2000年4月からは全成分を表示する制度へと移行してきました。
その為「着色料無添加」とか「香料無添加」と書かれていれば具体的にわかりやすいのですが、現在「無添加化粧品」とだけ書かれている化粧品は、一体なんの成分が無添加なのかがわかりません。
無添加化粧品と謳えば消費者が安心して買ってくれるのではないか、と言う策略のもとに「無添加」の文字を使い、高い金額をつけている会社も中にはあるようです。
無添加=安全と言う意識で化粧品を選択するのではなく、含有されている成分をよく見て選べるのが理想ですよね。
関連ニュース

 


最近のTopics
2016/06/27 02:31 の最新ニュース
参院選公約 TPP賛否真っ二つ
JR乗客100人降りられず 大阪
元宮内庁長官 藤森昭一氏死去

今日のオススメ無料メール講座:
必勝競馬無料メール通信講座競馬で負け続けているあなたに朗報!>>