人気の年寄り向けブランド

年寄り向けブランド

近年20代以下の人口が激減し、高齢者が増え続けています。
女性にいたっては、人口の4人に1人が65歳以上です。
このような時代の流れがあるにも関わらず、新しくオープンするファッションブランドのお店は若者向けのものが殆どです。
若者のお客さんもしかも販売する側の店員も若者が減ってしまっているのに、どうして店を出店するのでしょうか。
高齢者が増えているのなので、高齢者向けのファンションブランドが新しく立ちあがってもおかしくないとおもいます。
人口が増え続けている、其れから今後も増える事がわかっている高齢者向けのブランドを出店するのが自然の流れだとおもいます。
アメリカ等では、ロハス等を中心として、団塊世代をターゲットにした新業態の開発が進んでいるそうですよ。

 

高齢者が望むのは、主に体にも心にも気分のいいライフスタイルです。
ファッションブランドが主とかんがえるモードな視点に高齢者は興味を持っていません。
ファッション業界としても、もう少し顧客の視線からみて、高齢者のニーズに対応するときがやってきているのだとおもいます。
高齢者ももっとおしゃれになってもいいとおもいます。
是非高齢者向けの新ブランド或いは、既存ブランドにニューシリーズを造る等して、ブランド開発に力を入れてほしいものです。
ここでは幾つか高齢者向けのブランドについて、ファッションだけではなく多様なアイテムをお知らせしていきたいとおもいます。
関連ニュース