YOUTUBE

YOUTUBE設立の経緯

何方でも動画を投稿できる、インターネットのサイト、YOUTUBE(ユーチューブ)、若い人やインターネットをやっている方なら皆さん御存じでしょう。
YOUTUBEというのは、アメリカのカリフォルニア州にある企業です。

インターネット上で動画を投稿でき、其れを共有して楽しむサービスを提供しています。

 

YOUTUBEの意味ですが、YOUは勿論、貴方と言う意味で、TUBEはテレビのブラウン管と言う意味だみたいですよ。
なので、YOUTUBEは「貴方(視聴者)が作るテレビ」と言う事になりますね。

確かに、その名前の通り、視聴者が動画を投稿して、視聴者で共有して楽しめるシステムとして確率しています。

 

このYOUTUBEは現在にいたるまでイロイロな歴史があります。
先ず、YOUTUBEは何方が起業したのでしょうか?

「PayPal」と言う会社の社員であった。チャド・ハーリー氏、其れにスティーブ・チェン氏、其れからジョード・カリム氏の三人が起業してきました。
2005年2月、カリフォルニア州のサンマテオで設立した会社です。

 

では、どのような経緯で、この会社を設立したのでしょうか?
この三人は、当時、友達たちにパーティーで撮影したビデオを、なんとかして見せられないかとかんがえていました。

その配信方法としてかんがえられたのが現在のYOUTUBEです。
友達とビデオの映像を共有したい、しかも簡単に其れができたらいい、其れが発端だったようです。

当時このような画期的なシステムはなかったので、DVDに焼いて配るといったような手段しかありませんでしたよね。
関連ニュース

資格の広場オンライン

 

 

 


今日のニュース 6月28日 06:33
期日前投票 前回と比べ24%増
NY株続落 英EU離脱動揺続く

旬な最新情報を鮮度の落ちないうちにあなたへWeb-Go